お問い合わせ

■社会福祉法人 瑞幸会
 
〒859-1216
長崎県雲仙市瑞穂町古部乙1392-1
TEL:0957-77-4011
FAX:0957-77-4051
※@を半角に変えて送信下さい。
 
いつでもお気軽に、お問い合わせ・ご見学ください!

 

オンライン状況

オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人
登録ユーザー10人

カウンタ

COUNTER371746
施設長 ご挨拶

社会福祉法人 瑞幸会
施設長 平辻 心
社会福祉法人 瑞幸会 施設長の平辻 心と申します。
 
社会福祉法人 瑞幸会は「全ては利用者様のために」を理念に掲げ
安心できる、そして皆様方に信頼される法人づくりを目標に
職員一同一丸となり努力をさせていただきます。
 
今後も、誇り高い豊かな「高齢化社会」の創造の担い手として
地域に根ざし、多様なニーズに対応した「安心の拠り所」となりますよう
自覚と責任をもって誠心誠意努力して参ります。
よろしくお願いいたします。

 

日誌

施設長日記 >> 記事詳細

2013/06/19

雨ニモマケズ

Tweet ThisSend to Facebook | by admin
 
今年は梅雨入りしたのに雨が降る日が少ないなあと思っていたら、ここ数日雨が降り続いています。
ようやく梅雨らしくなってきました。
この季節になると、よく宮沢賢治の代表詩「雨ニモマケズ」を思い出します。
宮沢賢治が晩年に所持していた手帳に書き残された一続きのメモで、代表作の1つです。
確か37歳の若さでこの世を去られたんですよね。
「雨ニモマケズ」は療養生活の病床で書き綴っていたものらしく、他人に公表することを考慮して書かれたものではないと考えられています。
 
このメモには、最期まで人の為に生きた宮沢賢治の自省と願望が詰まっているように思います。
37歳と言えば、今の私と同じ歳。
まだまだ生きたかっただろうなあ。
 
37歳と言えば、孔子の論語にある「四十にして惑わず」までもう少しです。。
私の場合は「不惑」にはまだまだ遠いなあと感じます。。絵文字:泣く


16:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)